硬水比較ガイド

水道水は硬水なの?

水道水は硬水なの?

水道水は一般的には軟水であると考えておけばよいと思います。
これを理解するためには硬水というのはどういうものかということを考えておく必要があると思います。
硬水とは硬度の高い水を指します。
硬度というのはカルシウムイオンやマグネシウムイオンの濃度を一定の尺度で測ったもので、カルシウムイオンやマグネシウムイオンの濃度が高ければ硬度が高く、カルシウムイオンやマグネシウムイオンの濃度が低ければ硬度は低いということになります。
ですから、カルシウムイオンやマグネシウムイオンがたくさん含まれているものを硬水と呼ぶわけです。
日本の水道水には、一般的にはカルシウムイオンやマグネシウムイオンはあまり含まれていません。
あまり含まれていないというよりは、浄水場においてできるだけ不純物のないように処理されるわけですから、カルシウムイオンやマグネシウムイオンに限らず、余計な成分はあまり含まれていないと考えるのが良いと思います。
したがって硬度は低く、水道水は軟水であると考えればよいと思います。

 

硬度によって水の特徴は大きく変わります。
例えば日本の料理を作るときには軟水が良いといわれているのですが、つまり普通に水道水を使って作っても問題はないということなのです。
西洋料理を作るときには硬水のほうが良いといわれています。
ですからヨーロッパの諸地域から取り寄せた硬度の高い水を使って料理を作ることによって、西洋料理は美味しく作れるでしょう。



ホーム RSS購読 サイトマップ