硬水比較ガイド

ダイエットに硬水は向いている?

ダイエットに硬水は向いている?

飲料水として硬水を飲むことによってダイエット効果があったという人はいるようですが、これがすべての人に当てはまるということではありませんので注意が必要です。
では硬水とダイエットとはどのような関係があるのでしょうか。
まずダイエットとお通じの関係については多くの人が理解しているでしょう。
お通じが悪いと体全体の代謝が落ちるためにダイエット効果は低くなるといわれています。ここで水の硬度というものが関係してくるのです。

 

硬水とは硬度の高い水のことなのですが、硬度が高いということはカルシウムイオンやマグネシウムイオンの濃度が高いということを意味します。
どちらかというとマグネシウムイオンのほうが影響をするそうなのですが、硬度が高いとお腹がゆるくなるという傾向があるそうです。
マグネシウムイオンは下剤にも使われることがあるそうですから、その効果というのは非常に高いものが期待できると言えるでしょう。
このように、お通じが良くなることによってダイエット効果が期待できると言えるでしょう。

 

ヨーロッパの水は硬度が高いといわれていますが、ではヨーロッパの人はみんなお腹がゆるいのかというとそういうわけではありません。
飲み続けることによって体が慣れてきますから、硬度の高い水を飲んで育った人にとっては、効果はあまりないと言えるでしょう。
ですから、飲料水として硬水を飲むことによってダイエット効果は期待できるわけですが、体が慣れてしまうと効果がなくなってくるといえるでしょう。

 



ホーム RSS購読 サイトマップ