硬水比較ガイド

赤ちゃんのミルクに硬水は向いている?

赤ちゃんのミルクに硬水は向いている?

赤ちゃんのミルクを作るときに、安全を気遣ってミネラルウォーターなどを用いる人も多いようですが、硬水はあまり向いていないと言えるでしょう。
というのも、硬水は硬度の高い水だからなのです。
硬度が高いということはカルシウムイオンやマグネシウムイオンが多く含まれているということができます。
赤ちゃんのミルクを作るときには粉ミルクを水またはお湯で溶くというようにすると思いますが、粉ミルクの段階ですでに栄養バランスは考えられているのです。
ここに余計なカルシウムイオンやマグネシウムイオンが配合されることによって栄養バランスが崩れてしまう問い可能性があります。

 

ですから赤ちゃんのミルクを作るときには、硬水はあまり向いていません。
カルシウムイオンやマグネシウムイオンのあまり含まれていない軟水のほうが向いているといえるでしょう。
できるだけ何も含まれていない水のほうが軟水よりもより良いと言えます。
具体的にはRO水などが良いと思います。
RO水は逆浸透膜法という方法によって作られている水ですが、非常に水の純度が高いそうです。
水しか通さない膜に通すことによって、水以外の成分を除去することができるのです。
この逆浸透膜法はRO法と呼ばれることもありますが、これによって作られた水がRO水です。
赤ちゃんのミルクを作るときには、できるだけ純度の高いRO水を用いるというのが適していると思いますし、その次としては軟水でも良いと思いますが、硬水は悪影響を耐える可能性があります。


赤ちゃんのミルクにおすすめウォーターサーバーは?

ウォーターサーバー比較ランキング!電気代安い?【赤ちゃんは?】
東日本大震災以来需要が加速し続けているウォーターサーバーですが、どれがいいのかいまいち分からない!という人が多いようです。そこでコストや安全面などあらゆる観点からウォーターサーバーを比較・厳選して紹介しています!
www.waterserver-ninki-ranking.com/


赤ちゃんのミルクに硬水は向いている?記事一覧

ペットの飲み水に硬水は向いている?

ペットの健康を気遣うために、ペットにも硬水を与えようと考える人も多いようですが、これはあまり向いているとはいえないでしょう。ペットにもよりますから一概には言えませんが、犬や猫の場合には軟水のほうが適しているといえます。ペットにどのようなエサを与えているのかは分かりませんが、ペットに与えているエサは栄...

≫続きを読む

 

硬水はコーヒーメーカー等の機械に使っても大丈夫?

コーヒーメーカーの構造によっては、硬水を使うことで故障の原因となる場合があります。この原因としては硬水に含まれているカルシウムイオンが悪影響を与えるといえるでしょう。というのも、カルシウムイオンが炭酸カルシウムなどの形で蓄積することがあるからです。使えるのかどうかというのはコーヒーメーカーの構造によ...

≫続きを読む

 

硬水は洗濯に使っても大丈夫?

硬水は洗濯には向いていないといわれています。硬水にはカルシウムイオンやマグネシウムイオンが含まれていますが、これらが洗剤の泡立ちを悪くするという作用があるのです。ですからできるだけ軟水か、あるいはRO水などの純粋に近いものが適していると言えるでしょう。硬水は日本で入手しようとすると少し費用がかかると...

≫続きを読む

 

硬水を沸騰させたらミネラルは無くなるの?

硬水とはカルシウムイオンやマグネシウムイオンを多く含む水のことを指しますがが、沸騰させることによって軟化する場合があります。これを一時硬水と呼びます。沸騰させても変わらないものがありますが、これを永久硬水と呼びます。では沸騰させることによってどのような現象が起こっているのでしょうか。カルシウムイオン...

≫続きを読む

 

硬水はお肌に悪いの?

硬水は肌に対して何らかの刺激を与えるために、肌にとってはあまり良くないと言われています。症状としては冬になって肌が乾燥するようなイメージを思い浮かべればよいでしょう。肌が乾燥したり肌がカサカサになったりするというようなイメージです。対策としては色々なものがありますが、例えば洗濯などの時には硬水に触れ...

≫続きを読む

 

硬水を飲むとお腹を壊すって本当?

硬水を飲むとお腹を壊す人もいるようです。一般的な傾向としてお腹がゆるくなるという症状はあるそうですが、これはマグネシウムイオンが影響しているといわれています。マグネシウムイオンは下剤にも使われることもあるくらいですから、お腹がゆるくなるというのは当然のことだといえるでしょう。便秘気味の人にとってはち...

≫続きを読む

 

硬水を軟水にする方法あるの?

硬水を軟水にする方法はいくつかの方法があります。一つは機械を取り付けることです。軟化するための機械が販売されています。例えば蛇口に取り付けるタイプのものもあれば、大きな装置を必要とするものもありますが、これらの機械を利用することによって軟化することができるでしょう。これらの装置には硬度の原因となって...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ