硬水比較ガイド

硬水を軟水にする方法あるの?

硬水を軟水にする方法あるの?

硬水を軟水にする方法はいくつかの方法があります。
一つは機械を取り付けることです。
軟化するための機械が販売されています。
例えば蛇口に取り付けるタイプのものもあれば、大きな装置を必要とするものもありますが、これらの機械を利用することによって軟化することができるでしょう。
これらの装置には硬度の原因となっているカルシウムイオンやマグネシウムイオンを吸着させるなどの方法によって除去するものがあります。

 

もう一つの方法は沸騰させるということです。
沸騰させることによって軟化できるものを一時硬水と呼びます。
カルシウムイオンやマグネシウムイオンと対を成す陰イオンが炭酸水素イオンなどの場合には、加熱することによって二酸化炭素が発生して炭酸カルシウムや炭酸マグネシウムが沈殿します。
これによってカルシウムイオンやマグネシウムイオンが少なくなって軟化することができるのです。

 

これに対して永久硬水と呼ばれるものは沸騰させても軟化することはできません。
というのもカルシウムイオンやマグネシウムイオンの対となる陰イオンが硫酸イオンやハロゲン化物イオンなどだからです。
これらのイオンを気化させようと思えば酸化還元を伴う反応を起こさせなければなりませんが、沸騰をさせるくらいの温度では平衡の移動はあったとしても、酸化還元を伴う反応は起こらないのです。
ですから硬水を沸騰させることによって軟水にできるかどうかは、もともとの成分によって異なるといえるでしょう。



ホーム RSS購読 サイトマップ