硬水比較ガイド

硬水は洗濯に使っても大丈夫?

硬水は洗濯に使っても大丈夫?

硬水は洗濯には向いていないといわれています。
硬水にはカルシウムイオンやマグネシウムイオンが含まれていますが、これらが洗剤の泡立ちを悪くするという作用があるのです。
ですからできるだけ軟水か、あるいはRO水などの純粋に近いものが適していると言えるでしょう。
硬水は日本で入手しようとすると少し費用がかかると思います。

 

ですから洗濯をするだけの量を購入するということではないでしょう。

 

おそらくヨーロッパなど硬度の高い水しかない地域で生活するときのことを考えていると思います。
ではヨーロッパではどのようにしているのでしょうか。
ヨーロッパでは硬度の高い水が多いですから、洗濯はどうしているのかと疑問になるかもしれませんが、実は硬度が高くても温度を上昇させることによって泡立ちが良くなるという傾向があります。
つまりどうしても硬水しか手に入らない場合には温度を高くして洗濯をすることによって綺麗にできるでしょう。
ですからヨーロッパの洗濯機は温度調節のできる機能がついているのです。

 

もう一つの方法としては柔軟材をたくさん入れるということです。
柔軟材をたくさん入れることによって仕上がりはマシになります。
もしもヨーロッパに住まなければならなくなったのであれば、現地で洗濯機を購入することによって解決するでしょう。
ただし、どのようにしたとしても硬度の高い水で洗濯をすることによって、生地が傷みやすくなるという傾向はあるそうです。



ホーム RSS購読 サイトマップ