玄関を簡単にキレイにする大掃除方法は?

引っ越しのときもし何か問題が起こった時には作業を行った業者がその責任を負って被害があった荷物の弁償をしてくれる場合もあります。

引っ越しにつきものの悩みと言ったら、やはりどの業者を選ぶのかですよね。あと掃除。ほんと面倒。

引っ越しの経験が無いならば、不安も大きいと思います。

私の場合ですが、「引っ越しのサカイ」さんにお願いしました。

他の業者にも見積もりを出しましたが、こちらが一番安価でサービスも良かったです。

引っ越しの時に対応してくれた従業員の方が、親切に対応してくれたので、安心して任せられました。

それ以来、引っ越しではサカイさんに依頼するようになりました。掃除を手伝ってくれるようなオプションとかもあればいいなと思います。あるのかな?

良い引っ越しを経験しましたから、安心感が違います。

これからも、サカイさんのお世話になる予定です。

引っ越しの荷作りや手続きも大変ですからね。

友達の紹介で、引越しのサカイに見積もりを出させてみました。

とても気持ちの良い営業の人がやって来て、親身に相談にのってくれたのです。

想像以上に安価に見積もってくれたので、その日じゅうに即断しました。

続きですが、除湿剤の代わりに炭、先ほど、紹介したレンガがあります。

これも、靴箱の湿気取りに使えますよね。

レンガを数個、靴箱の奥にでも入れておきましょうね。

それだけでも良いですよ。

(笑顔)そして、靴箱の棚を外した場合があります。

この場合は、綺麗に拭いてから元に戻します。

ここで、それぞれのスペースのとり方についてですが、棚板の位置を修正します。

かかとの高い靴の場合は、高い靴でまとめます。

逆に、低い靴は低い靴だけでまとめます。

※同じ段にします。

これも同じ段に並べます。

そして無駄なスペースもなくなりますよね。

(笑顔)靴箱は、どうしても奥さんの靴、旦那さんの靴、子供の靴を置くようになります。

このように、持ち主によって段を分けることが多くなりますよね。

(汗)靴は高さによって、置き分けると良いですね。

とてもスッキリとして見た目も良いです。

(笑顔)そして、大掃除で綺麗になった玄関にグリーン、お花を飾ります。

玄関に季節感のあるお花を飾っているおうちがあります。

とても素敵だと思いますよ。

(笑顔)いつも季節の花が飾っているなんて、住んでいる人のセンスが良いですよね。

そんなことを感じさせますよね。

(笑顔)毎回、お花を購入することも大変だと思います。

ですから、お庭に咲いている小さな花でも良いですね。

(笑顔)お出かけの時、お帰りの時、とても気分が良いですよね。

(笑顔)大掃除のあとは、お花やグリーンを玄関に飾ってみてくださいね。

(笑顔)。

年末の大掃除前に!知っておきたい【断捨離のポイント】 | スグ得

引越しも掃除もものすごく丁寧な作業で、たいへん満足しました。年末の大掃除と一緒に一気に、ですね。

たとえ高価なものでなくても、引っ越しの荷造りで割れ物の取り扱いには誰でも気をつかいます。

新居で荷物を片付け終わるときまで、決して気は抜けません。

安全に運ぶためには包み方の工夫も必要です。

包むものより一回り以上大きい新聞紙で、底面から一個ずつ包むようにしましょう。

包装に使う新聞紙はくしゃくしゃになっていた方が衝撃を和らげてくれます。

また、持ち手や取っ手など、飛び出たところがあれば、その部分を最初に包装しておくと、欠ける危険が減ります。

引っ越しが完了したら、いろんな手続きがあります。

市町村役場でなさるべき事は、住民票・健康保険・印鑑登録etcです。

料金安い単身パックも人気が高いようですよ。

もし、ペットの犬がいるのであれば、それについての登録変更も必要になります。

原動機付自転車の登録変更もまた市町村で行うこととなります。

全てひといきに行ってしまうと、幾度も行く必要がないでしょう。

通常のケースでは、引越しに追加費用はかかりません。

ただし、それは、あらかじめ引っ越し業者の見積もりをしていた場合や自己申告を行った時の荷物の量が正確だった場合のみです。

引っ越し業者は、トラックの容量や作業時間で引越し料金を出しています。

もしも、それらが大幅に上回る時には、追加料金が必要になってくるでしょう。

引っ越しの業者の一つとして、日本通運(日通)は「引っ越しは、日通」のコピーがヒットしたこともあり、よく知られた存在になりました。

一般家庭の引っ越しを扱う業者は、会社名は引越社、引越センターに決まっていた思い込みがあったかもしれません。

ですが、今は運送会社の多くが引っ越しサービスを家庭向けに行う事業を増やしてきました。

日通のように、運送会社の中でも大手であればサービスもしっかりしています。

引っ越すのは来月なのですが、ピアノを引っ越しの荷物にするか手放すかが大きな問題になっているのです。

引っ越しの荷作りや手続きも大変ですからね。

ピアノを弾くことはないので、ただの飾りにしかなりません。

ただ、手放すのも費用はかなりかかることでしょうし、悩みは尽きません。

譲渡先があれば良いのですが、都合良くすぐに見つかるものでもありません。

荷物を運び出すときに冷蔵庫が準備できていなくて、どうしようと慌てる方が結構いらっしゃいます。

冷蔵庫は引っ越しに備えて、前の日までに庫内が空になるようにし、コンセントを抜いて下部の水滴貯めパレットに水がたまってくるので、それを捨てればあとは運ぶだけです。

ですから、庫内のものは使い切れるように計画を立て、常温で保管できるものを買うように配慮し、少しの間、冷蔵庫なしでもしのげるようにしておくべきです。

クロネコヤマトの引っ越しもよく見ますが、値段はどのくらいかかるのでしょう?以前と違い、複数の引越し業者に見積もりをお願いしてどこにするか決めることが常識になりつつあります。

クロネコヤマトも料金においては他社と大きな差はないかもしれません。

でも、プラスαの特典があったり、作業員の教育が行き届いていると喜ばれています。