カジノ映画は実話を元に作られたものが多い?

カジノを舞台にした映画は多数存在しています。
その名の通り「カジノ」は、1995年に公開された、ロバート・デ・ニーロ主演の映画で、1970年代のラスベガスが舞台になっており、実話を元に作られています。
その為、登場人物やストーリーがよりリアルに表現されています。
プロのギャンブラー"エース(ロバート・デ・ニーロ)"のラスベガスの賭博場での成功とギャングとの関係性が見る人をワクワクさせてくれます。
エースの妻、ジンジャーをシャロン・ストーンが演じており、美しさと弾けた演技が魅力です。
そして、2008年に公開された「ラスベガスをぶっつぶせ」も実話が元になっています。
天才的な才能を利用した大学生たちが、ブラックジャックの必勝法とチームワークを駆使し、ラスベガスの攻略に挑む話です。
他にも、1991年公開の「バクシー」や、2001年公開「オーシャンズ11」、「オーシャンズ13」も有名です。
どれも魅力に溢れ、ワクワクする作品になっています。